文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

5月の事件簿〜ペットボトル菌


穏やかな五月晴れの日も多い5月ですが、周りで小さな事件が起きています!

事件ファイル1はラジオディレクター角さんから。



「飲みかけのペットボトルのお茶を部屋に置いておいて、次の日飲んだらお腹が痛くなった。」

そしてもうひとつ、事件ファイル2。知人の整体師Hさん、



「ペットボトルの飲みかけがテーブルの上に置きっぱなし、翌日飲んだらトイレから出られず、仕事を休んだ。でも、味も匂いも普通だったのに・・。」

うーむ、事件ですね!犯人は見えてきていますが、1日で??と思った方も多いのではないでしょうか。口を付けずに、コップに移し替えて飲んだ場合は、24時間後でも菌はあまり増えませんが、ペットボトルに直接口を付けて飲むと、中に菌が入り、時間とともにどんどん細菌が増殖してしまいます。
ある調査では、24時間後には細菌数が23万個に増加するという結果も。




ドリンクの種類によっても、細菌の増加数は変わりますが、一般的に細菌が活動しやすいのは30度前後!これからの時期は特に注意が必要です。なるべくなら、コップに移し替えると安全ですが、直接口を付けて飲むときは4~5時間を目安に飲みきるといいでしょう。

そして、買う時も、値段が同じなら大きいサイズのものを選びがちですが、その時に飲みきれるだけの量のペットボトルを選ぶことが大切です。特にお子さんなどはそんなに多くの量を一気に飲めないですから。運動会なども多い今の時期、炎天下など暑い所でペットボトルの飲み物を飲む機会も多くなります。油断しないようにしてください。


著者紹介

気象予報士 岸 真弓

気象予報士で毎日お天気をお伝えしています(^。^)そして野菜ソムリエです。
☆RCCテレビ、ラジオの天気予報に出演中!

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.