文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

暑さを快適に過ごすには

7月に入って、熱中症が急増しています!熱中症による全国の救急搬送者数は、一気に4000人を超えてきました。最近、メールやお便りでも、「どう暑さを乗り切ればいいのか?」「部屋をどのくらいの気温にしたら快適に過ごせるか?」など、暑さについての質問が多くなっています。



実は、快適に過ごせる鍵は、気温だけではなく、湿度も関係しています。つまり、部屋の気温と湿度、その2つを調節することが過ごしやすくなるポイントです。

まず、気温ですが、外の気温が32度の場合は、室内を27度位に冷房設定温度にすると良いです。外と室内との気温差を、5度以内に抑えることが大切です。なぜなら、外と室内の気温差が5度よりも大きくなると、体に負担がかかり、だるくなったり頭痛がしたりするなど、冷房病になりやすくなってしまいます。



また、28度と気温が同じ状況でも、湿度が80%と50%の場合を比べると、体感温度が変わってきます。湿度が高い80%の時は、非常に蒸し暑く感じて不快ですが、50%と湿度が低い時は、同じ28度の状況下でも過ごしやすく、快適に感じます。気温の調節と共に、部屋の湿度を抑え、室内湿度を50%くらいに保つといいでしょう。



この先も厳しい暑さが続きやすく、寝苦しい日も多くなりそうです。工夫しながら、暑さに負けないようにしたいものです。


著者紹介

気象予報士 岸 真弓

気象予報士で毎日お天気をお伝えしています(^。^)そして野菜ソムリエです。
☆RCCテレビ、ラジオの天気予報に出演中!

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.