文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

日傘のさしかた


今年の夏は夏空がなかなか安定しないとはいえ、日差しが出るとギラリとした太陽に負けそうになります。日々の紫外線対策、みなさんはどのようにしていますか?日焼け止めクリーム、帽子や日傘など、使用されているものは色々あると思いますが、今回は日傘について取り上げてみます。

実は日傘は、さし方にもコツがあるんです!顔から30センチと比較的顔の近くに日傘を差したときは、紫外線を90%もカットしてくれます。一方、顔から60センチほどと少し離してさした場合、紫外線は70%のカット率。さし方ひとつで紫外線カット率は変わってしまうのです。

なぜなら、紫外線は真上からだけ降り注ぐわけではありません。地面に反射し、下からの紫外線、また、周りの建物などで反射し、横から入ってくる紫外線など、あらゆる方向から入ってきます。顔から日傘を離してしまうほど、紫外線が入りやすくなってしまうのです。今までさし方なんて、考えたことなかったという方も多いかもしれません。でも、どうせさすなら、もったいないさし方にならないように、ぜひ気を付けてみてください。



それから、日傘の選び方も一工夫。同じ日傘ならば、黒や紺など色が濃いものの方が、紫外線を防いでくれます。また、生地がしっかりと厚いものの方がより効果的です。紫外線防止加工がされているものも沢山あります。夏物がセールになっている時期、より紫外線をカットしてしてくれる日傘を見つけるのもいいですね。


著者紹介

気象予報士 岸 真弓

気象予報士で毎日お天気をお伝えしています(^。^)そして野菜ソムリエです。
☆RCCテレビ、ラジオの天気予報に出演中!

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.