文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

しもやけ・あかぎれ

先日、北広島町に大雪中継に行き、-7度ほどの寒さの中、長く外にいたため、足の指にしもやけができてしまいました。
今回は冬の肌トラブル、「しもやけ」と「あかぎれ」について取り上げてみたいと思います。



「しもやけ」は、寒さで血行が悪くなりできてしまいます。皮膚が赤くなり腫れて、痛かゆくなります。元々血行が悪い人や冷え性の女性などはしもやけになりやすく、気温が5度以下になるとできやすくなるといわれています。
一方、「あかぎれ」は、水仕事が多い方ができやすくなります。食器を洗うなど、油分が奪われることで手が乾燥し皮膚の表面がカサカサになり、ひび割れができ、痛みを伴います。



「しもやけ」の予防法は、なにより保温し血行を良くすること。体を冷やさないように手袋や耳当て、厚手の靴下をはくなどしっかりと温めることが大切です。そして、血行を良くするために指を動かしたりマッサージをするのも効果的。中から血行を良くするために、ビタミンEをとるのもよいでしょう。ビタミンEはアーモンドやカボチャ、アボカドなどの食べ物に含まれています。
「あかぎれ」の予防法は、乾燥を防ぎ肌の油分を保つことです。食器を洗うなど水仕事をするときには、温かいお湯ではなく、ぬるいお湯を使うほうが油分は奪われにくくなります。また、水仕事をするときにゴム手袋をするなど、手を守る習慣をつけておくとよいでしょう。そして、水仕事の後はタオルで水分をふき取り、こまめにハンドクリームを塗って、油分を補充してあげてください。
この冬は寒い日が多いですので、しっかり気を付けておきましょう。



著者紹介

気象予報士 岸 真弓

気象予報士で毎日お天気をお伝えしています(^。^)そして野菜ソムリエです。
☆RCCテレビ、ラジオの天気予報に出演中!

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.