文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

季節の変わり目の雨

季節の移り変わりは曇りや雨のぐずついた天気が続く時期があります。



1番有名なのは春から夏になる境目にあるのが梅雨ですが、それぞれの季節にぐずついた梅雨のような時期があります。

夏から秋へ移り変わるときは秋雨、秋から冬の境には、その時期に咲く山茶花(さざんか)の花から名前をとって、さざんか梅雨。冬から春に移り変わるときは、菜種梅雨(なたねづゆ)といいます。

それは、年によっても違い、はっきりぐずついた天気が現れる年とそうでもない年もありますが、今年の秋雨はとてもはっきりしています。9月に入って雨が降りやすい日が多くなっています。

秋雨には別の名前もあり、すすき梅雨、秋りん、秋の長雨ということもあります。



でも、なぜ季節が移り変わる時期に曇りや雨の日が多くなるかというと、例えば、秋雨は夏の暑い空気と秋の涼しい空気がぶつかることで秋雨前線ができ、雨が降りやすくなるからです。それはつまり、性質の違う空気がぶつかることで、雨雲が発生するということです。

このため季節が移り変わるこの時期は天気が崩れやすくなるとともに、気温がいったりきたりしやすい時期でもあるということです。蒸し暑い日もあれば、急に涼しくなり、朝晩ぐんと冷えることもあります。体がなかなかついていきにくく、風邪をひきやすくなりますので、十分気を付けてください。



著者紹介

気象予報士 岸 真弓

気象予報士で毎日お天気をお伝えしています(^。^)そして野菜ソムリエです。
☆RCCテレビ、ラジオの天気予報に出演中!

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.