文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

熱中症だけじゃない!夏の水分不足は脳梗塞のリスクも高める?

日本人の死亡原因の中でも多くを占める「脳卒中」。その発症は寒さが厳しい冬に多いことが知られていますが、実は脳卒中の半数以上を占める「脳梗塞」に限ると、夏の発症が多いことが明らかになってきました。

こちらは、国立循環器研究センターが調査した季節別の脳梗塞件数をグラフにしたものです。わずかながら、冬より夏の件数が上回っています。



夏に脳梗塞が多くなる大きな原因は、「水分不足」です。暑さで汗を大量にかいているにもかかわらず、水分補給が追い付いていないと、血液がどろどろになって、血管が詰まりやすくなります。脳の血管は非常に細いため、ごく小さな血栓でも血流を阻害してしまいます。水分を適切に補給することは、熱中症を防ぐだけでなく、血液の流れをスムーズにし、脳梗塞などの疾患を防ぐことにもつながります。健康なからだを保つために、定期的に水分を補給するようにしましょう。エアコンや扇風機で適切な室温管理をし、無駄な汗をかかないようにすることも大切です。

また、夜間に脳梗塞を発症するケースが多くなっています。睡眠中であっても汗をかいて多くの水分が失われますので、知らず知らずのうちに血流が滞り、症状を発症することがあります。昼間はもちろん夜間も、可能な範囲で水分をとるようにしましょう。
もし、片方の手足がしびれたり、言葉のろれつが回らなくなるなど、脳梗塞の初期症状がみられた場合は、夜間でもためらわず救急車を呼び、専門医の診察を受けてください。
一刻も早い受診が大切です。


関連タグ:脳梗塞 脳卒中 水分不足 

著者紹介

日本気象協会中国支店 北井 菊恵
気象予報士・健康気象アドバイザー

趣味 国内旅行・秘湯めぐり・映画鑑賞
特技 よく食べ、よく飲み、よく眠る
天気の仕事に携わって以来、風邪を引きにくくなりました。あらかじめ天気や気温の変化を知ることは健康を守ることにもつながります。天気を生活の中に生かすコツをお知らせします。

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.