文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

    健康と天気 (2014/01/31)

    そろそろ花粉のシーズン 早めの対策を

    2014年春のスギやヒノキ花粉の飛散量は、例年に比べて「やや多い」レベルで、大量に飛散した去年の春ほどの飛散にはならない予想となっていますが、花粉の飛散が続いている間は、量に関係なく、鼻水や目のかゆみなどの症状に悩まされるものです。


    健康と天気 (2014/01/20)

    「頭寒足熱」で、ラストスパート!

    先日センター試験がありましたが、受験生にとってはラストスパートをかける時期がやってきました。勉強部屋では暖房を効かせますが、寒いからといって暖房を効かせすぎると頭がぼーっとしたり、眠くなったりで、能率が悪くなってしまうことがあります。


    健康と天気 (2014/01/06)

    空気は防寒着・・・寒さから身を守る重ね着のコツ

    この寒さの中、少しでも暖かく過ごすために、下着やシャツなどを重ね着されている方も多いと思いますが、その時、衣服と衣服の間に「空気の層」をつくるよう意識すると、より防寒の効果が高まります。


    健康と天気 (2013/12/23)

    冬の季節病~気温差に注意!~

    「心筋梗塞」は心臓に血液を送り出す冠動脈が詰まり、心臓の筋肉への血液供給ができなくなってしまう状態です。この状態になると、心臓に酸素が届かなくなり、最悪死に至る場合もあります。この「心筋梗塞」などによる心停止の月毎の発症率を見ると、夏よりも冬の発症率が高いことが分かります。


    健康と天気 (2013/12/09)

    12月が発症のピーク「感染性胃腸炎」 ウイルスの生存期間はインフルエンザ以上?

    広島市の感染性胃腸炎患者数の報告数をみると、年間で突出して多くなるのが12月で、これから年末にかけて最も警戒が必要な時期になります。感染性胃腸炎にかかる原因として最も多いのは「ノロウイルス」です。


    健康と天気 (2013/11/25)

    冬の風邪・・・乾燥に注意!

    冬になると風邪が流行りはじめます。それは、冬になると空気が乾燥しやすくなるからです。空気が乾燥すると、呼吸器系の粘膜を傷め、風邪などのウイルスが体内に入りやすくなってしまいます。では、なぜ冬は空気が乾燥するのでしょう。


    健康と天気 (2013/10/11)

    快適な睡眠を確保するために・・・秋のふとん干しは「干す時間帯」が鍵!

    10月上旬は夏のような暑さが続き、寝苦しさを感じるような夜もありましたが、ようやくここにきて暑さが落ち着き、心地よく眠れる気温になりました。 十分な睡眠をとることで、健康な状態が保たれ、ちょっとした気温変化に見舞われても、体調を崩しにくくなります。そこで、より質の高い睡眠を確保するために、秋晴れの心地よい陽気の日は、普段つかっているふとんを干して、日差しにあててみましょう。


全 156 件中 131 〜 140 件目を表示 11, 12, 13, 14, 15, 16

« 前の10件 次の10件 »

カテゴリー一覧

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.