文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

くも膜下出血から奇跡の生還を果たし、リハビリを続けながら執筆活動を行うコラムニスト・神足裕司が日常をつづっていきます。

お元気ですか?

ベッドの上で気が付けばボクは全く動けない身体になっていた。

歩くこともできないし、起き上がることも寝返りも打てない。話す事もほとんどできなくなって、記憶することも苦手である。

ボクの記憶の最後は、RCCのEタウンの取材を終え帰路に着く広島空港の光景。ラウンジで座って今度できる東京の広島物産店の資料に目を通していた。そして飛行機に乗って羽田にもうすぐ到着となる頃具合が悪くなったのだ。
それが最後の記憶。

クモ膜下出血だった。飛行機が到着すると待ち受けていた救急車に乗って大学病院に運ばれた。

それからすぐ、緊急手術になった。

「どなたか知らせたほうが良い方がいらっしゃったら」そう言われ家族は「もうだめだ」と思ったらしい。

1ヶ月間ICUでこん睡状態の末もう目覚めないかもしれないといわれていたが奇跡的にボクは目を覚ました。

記憶もないかもしれないといわれたらしいが家族の顔がわかったという。それから1年の入院生活の後、ボクは自宅に戻ってきた。それから4年になろうとしている。

昔のことは覚えているが新しい記憶は曖昧でパズルのパーツのようにある断面だけを思い出すことがある。それがつなぎ合わせれば記憶はつながっていくのではないかと思っている。忘れないためのメモ書き。記憶のための写真。家族が聞かせてくれる話。時にはこうして書いた原稿を頼りに新しい記憶が生まれている。そんな壊れた脳でもボクはこうして書くことができる。書くことができたから記憶も少しづつではあるけれどつながるようになってきた。


第一話「お元気ですか?」

ボクは元気なころコラムニストとしてやテレビラジオで事件や色々な情報を追ってきた。こんな身体になってしまっても、いやこんな身体になったからこそお伝えできる情報がたくさんある。この4年体験した話や今現在の話もお伝えできたらいいと思っている。車椅子でなるべくたくさんのところに出向いて話して行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


著者紹介

神足裕司(こうたり ゆうじ)

1957年8月10日、広島県広島市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を始め、1984年、渡辺和博との共著『金魂巻(キンコンカン)』がベストセラーに。コラムニストとして『恨ミシュラン』(週刊朝日)や『これは事件だ!』(週刊SPA!)などの人気連載を抱えながらテレビ、ラジオ、CM、映画など幅広い分野で活躍。2011年9月、重度くも膜下出血に倒れ、奇跡的に一命をとりとめる。現在、リハビリを続けながら執筆活動を再開。復帰後の著書に『一度、死んでみましたが』(集英社)、『父と息子の大闘病日記』(息子・祐太郎さんとの共著/扶桑社)、『生きていく食事 神足裕司は甘いで目覚めた』(妻・明子さんとの共著/主婦の友社)がある。 朝日新聞月曜朝刊「コータリンは要介護5」連載中。

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.