文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

くも膜下出血から奇跡の生還を果たし、リハビリを続けながら執筆活動を行うコラムニスト・神足裕司が日常をつづっていきます。

高齢者


日本は世界で4番目に65歳以上の高齢者人口が多い国だ(2015年調べ)。中国、インド、アメリカに次ぐ。

それがだ、高齢者を15歳から64歳の人が支える扶養率というのを見てみると、日本は43.3%とダントツの1位に踊り出る。ダントツである。高齢者人口1位の中国は扶養率72位、2位のインド扶養率は107位、3位のアメリカは36位。この狭い日本に1億2000万強の人が住んでいる。が、働き盛りといわれる人口がいかに少ないかが解る。そんな日本で高齢者がいかに過ごしやすく暮らせるか今後の課題だ。

そんな中、2016年11月10日に安倍内閣にて「未来投資会議」が行なわれた。その中で介護について「パラダイムシフトを起こす」という項目があった。
この分野に詳しい大人用紙おむつを製造・販売している白十字の柴野壮史氏にもそれにかかわっておられ、先日会ってお話をうかがうことができた。
「パラダイムシフトを起こす」とは要するに「お世話型の介護から本人が望む限り回復を目指す自立支援型の介護へ」ということで、これからの日本はそうしていくと安倍首相は表明された、とのこと。

柴野さんのお話を伺っていくうちに「要するに介護度が重くならないうちに予防や回復・自立に努めようという感じなんだな」とぼくは受け止めた。 寝たきりにならないように予防や回復・自立に軸足をおくように努める。

2018年の介護保険制度の見直しまでにその取り組みを国が考えるというのだ。
まさしく、寝たきりの方が少なくなれば、介護する側の人員も少なくて済むし介護保険費用の抑制にもつながるなど色々なことが節約になる。具体案としては介護報酬や人員配置基準などの制度の改革にも踏み込むらしい。賛否両論の議論の上、目が離せない。が、自立支援じたいは悪いことでは決して無いと思う。


著者紹介

神足裕司(こうたり ゆうじ)

1957年8月10日、広島県広島市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を始め、1984年、渡辺和博との共著『金魂巻(キンコンカン)』がベストセラーに。コラムニストとして『恨ミシュラン』(週刊朝日)や『これは事件だ!』(週刊SPA!)などの人気連載を抱えながらテレビ、ラジオ、CM、映画など幅広い分野で活躍。2011年9月、重度くも膜下出血に倒れ、奇跡的に一命をとりとめる。現在、リハビリを続けながら執筆活動を再開。復帰後の著書に『一度、死んでみましたが』(集英社)、『父と息子の大闘病日記』(息子・祐太郎さんとの共著/扶桑社)、『生きていく食事 神足裕司は甘いで目覚めた』(妻・明子さんとの共著/主婦の友社)がある。 朝日新聞月曜朝刊「コータリンは要介護5」連載中。

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.