文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

くも膜下出血から奇跡の生還を果たし、リハビリを続けながら執筆活動を行うコラムニスト・神足裕司が日常をつづっていきます。

国際福祉機器展


9月27日~29日の3日間、東京ビッグサイトで国際福祉機器展が行なわれた。15カ国、527社、団体の最新の福祉機器2万点が展示されている。

ボクは、病気になって出歩けるようになった時から毎年出かけている。だから4回目。この4年で国際福祉機器展も様変わりしたように思う。

最初は、「人工知能搭載のロボットや人間の代わりになって働いてくれるパワーロボットなんかを使う世界ももうすぐ来るかもしれない、でもまだ実用的ではないな」そんな記事を書いていた。

しかし1年も経たないうちにボクは、実際にHALというロボットで歩行訓練を受けた。動かないはずの左足が、しかも自分が歩くという脳からのわずかばかりの信号を筋肉を通して拾い、そしてロボットは動く。人間の不思議な仕組みに感動し、麻痺していても(脳からの指令が旨くいっていないだけで)足はまだ歩く機能が残っているんだなあといたく感動したものだ。繰り返し繰り返しHALのエネルギーとともに足を前に1歩1出すことによって、身体は以前の「歩く」ということを思い出していく。まだ、その頃は筑波に行かなければ訓練できなかった。保険も利かない。そんな時期ではあった。アニメや映画で見ていた未来のロボットのようなものを装着して歩いているのだ。



こんなものも見つけた。WHILLという電動車椅子(写真)。いや、創始者たちはこれを障害を持った人だけの車椅子として作ったわけではなかった。健常者も障害を持った人も乗りたくなるようなもの。そう2014年の秋取材したときに話していた。

日産とSONYとオリンパスに勤めていた若者が、100メートル先のコンビニにいくのさえ困っている人がこれの乗って行ける!そんなものを作りたかったと熱く語っていた。ちょっと普通の人では手が出ない金額のWHILLは、50台最初に作ったのだがすぐに完売したと聞いた。

WHILLもHAL同様そのフォルムが未来的でものすごくかっこいい。少年のときアトムで育ってきたボクにとってはカタログをずっと枕元に置いておきたい、そんなものだった。ボクが思うよりずっと未来だと思っていたその時は近いと感じた。でももうちょっとはかかるだろう、そうたかをくくっていた。が、それらは加速度をつけて進歩を遂げた。あっという間に世の中に浸透して。今回の国際福祉機器展では、そんなロボットや機器が本当にたくさん出ていた。たった4年前には全体の2%も満たない出展率だっただろうが、いまや30%ぐらい?後発のそれらも負けてはいない。

WHILLを体験した時に、ボクもほしいけれど小回りもきかないしこんな小さな家ではもちろん無理だなあ、そう思っていたけれど、今回のブースでは小回りの聞く次世代のWHILLがお目見えしていた。ちょっと乗ってみたいと思ったがあまりの人気で断念した。もう、ロボットやWHILLみたいな車椅子に座ったままでお出かけなんていう時代はきっとすぐそこなのだ。みんなが思っているよりきっとすぐのことだと思う。

*次回も国際福祉機器展についてお送りする予定です。


著者紹介

神足裕司(こうたり ゆうじ)

1957年8月10日、広島県広島市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を始め、1984年、渡辺和博との共著『金魂巻(キンコンカン)』がベストセラーに。コラムニストとして『恨ミシュラン』(週刊朝日)や『これは事件だ!』(週刊SPA!)などの人気連載を抱えながらテレビ、ラジオ、CM、映画など幅広い分野で活躍。2011年9月、重度くも膜下出血に倒れ、奇跡的に一命をとりとめる。現在、リハビリを続けながら執筆活動を再開。復帰後の著書に『一度、死んでみましたが』(集英社)、『父と息子の大闘病日記』(息子・祐太郎さんとの共著/扶桑社)、『生きていく食事 神足裕司は甘いで目覚めた』(妻・明子さんとの共著/主婦の友社)がある。 朝日新聞月曜朝刊「コータリンは要介護5」連載中。

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.