文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

くも膜下出血から奇跡の生還を果たし、リハビリを続けながら執筆活動を行うコラムニスト・神足裕司が日常をつづっていきます。

先輩

先輩の遺志を継いで後継者も決まったらしい


3月の終わりにボクの尊敬する先輩が入院したと連絡が入った。「どうやら随分悪いようだ。もしお見舞いしてくれる方がいるならば急いだほうがよい」と奥様からの伝言を後輩から聞いた。

昨年広島に帰った時その先輩がやっている流川のBARに寄った。その時すでに「かなり悪いみたいだよ」そう聞いていた。

故郷に親もいなくなった今、数人の友人知人に会うこと、それとそのBARに寄って先輩の顔を見ることぐらいしかよりどころはなくなっていた。先輩は修道中学、高校の水球の大先輩でボクが現役のころは鬼のようにこわい先輩だった。が、先輩はボクが大学のとき肩の故障で水球ができなくなってからも、ボクがくも膜下出血になった時も、本当に心配してくれたし怒ってもくれた。

水球ができなくなってみんなと距離を自然と置くようになったボクにも必ず声をかけてくれた。

ボクがクモ膜下になった時はすでに癌が先輩の身体をむしばんでいて大手術をして生還して数年たった時だったが、いつものようにBARに立っていた。そして自分の身体のことも「もうそんなに長くは生きられないんだけど、ここはいつでも開けとく」そう言いながら「お前はまだまだやることがあるんじゃけ、頑張らんといけん」そう叱咤激励してくれた。「広島に帰ってくることを目標に頑張りんさい。待っとる」そう言って絶妙なタイミングでメールも欠かさず送ってくれた。

先輩は「クモ膜下で倒れるその前の晩ここで飲んでいたのに、お前の身体が悲鳴をあげて辛そうなのはわかっていたのになんも言ってあげられなかった。それが一番の後悔だ」そういつも言っていた。
けれどボクの不摂生なんてその日始まったことじゃない。だいたい先輩のBARは広島での仕事終わりにいつも酔っ払ってふらふらになって家に帰るようにそこに行って先輩の顔を見て眠っていたのだ。先輩にはそんな姿を何時も見せていた。

いい大人がそこに行くことで安心できる場所だったのだ。

先輩の病状の悪化を聞いていてもたってもいられなかった。

その日にでも駆けつけたかったがそれも許されなかった。病気というものがボクの自由をかなり奪っているがこんな時は病気になっている自分を悔いる。大切な人の大切な時に駆けつけられない自分を悔いるのだ。

それから間もなくして先輩は旅立たれた。

大きな先輩の存在は今もなくなることはない。先輩は最後に会った時「なあ、神足。病気っていうもんは恐しいもんだなあ。いろいろなもんが見えてくるよなあ。いいものも、悪いものも。これでもかって試練が待ってる。けれど、自分しかそれを乗り越えられるもんはない。自分が頑張るしかない。頑張ってる人に向かって頑張れって言っちゃいかんっていうけれど、言うよ。ガンバりなさい。あんたならできる。それを知ってる」そう言ってくれた。ボクはできる限り頑張っていこうと思う。


著者紹介

神足裕司(こうたり ゆうじ)

1957年8月10日、広島県広島市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を始め、1984年、渡辺和博との共著『金魂巻(キンコンカン)』がベストセラーに。コラムニストとして『恨ミシュラン』(週刊朝日)や『これは事件だ!』(週刊SPA!)などの人気連載を抱えながらテレビ、ラジオ、CM、映画など幅広い分野で活躍。2011年9月、重度くも膜下出血に倒れ、奇跡的に一命をとりとめる。現在、リハビリを続けながら執筆活動を再開。復帰後の著書に『一度、死んでみましたが』(集英社)、『父と息子の大闘病日記』(息子・祐太郎さんとの共著/扶桑社)、『生きていく食事 神足裕司は甘いで目覚めた』(妻・明子さんとの共著/主婦の友社)がある。 朝日新聞月曜朝刊「コータリンは要介護5」連載中。

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.