文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

神石高原の温泉

神石高原の温泉

神石高原町には現在二ヶ所のスーパー銭湯がありますが、本物の温泉採掘には悲願の歴史があったようです。新聞や観光協会の情報によると平成26年に神石高原町温泉利活用検討協議会で基本構想がまとめられ、将来温泉施設が誕生するのではないかと期待されています。現時点では温泉施設はありませんが「さんわ温泉」として公表されています。

とてもユニークで話題性があるのは、温泉施設より先に「さんわ温泉」の知名度アップとして「温泉化粧水」を発売したことです。それも、名称を『さんわ温泉 まぼろしの雫』とは、まさにまぼろしの温泉ですね。源泉の温泉が、美肌の湯・美人の湯といわれている温泉の成分比率と似ていることがわかり、温泉化粧水の商品化となったそうです。こうなったら一日も早く温泉施設の誕生を待ち望みたいですね。

さんわ温泉【概要】



まぼろしの温泉「さんわ温泉」利活用プロジェクト第1弾
『さんわ温泉まぼろしの雫ミスト』(1,620円 税込)

住所神石高原町井関
泉質単純弱放射能温泉
鉱泉分類低張性アルカリ性冷鉱泉
泉温14.8度
PH値9.7
詳細ホームページ

光信寺の湯 ゆっくら 




9種類のお湯が楽しめます。寺で宿泊、食事もできます。

住所神石高原町光信58-1
TEL0847-85-4000
入浴料1030円
詳細ホームページ

帝釈の湯



帝釈峡スコラ高原と帝釈峡周辺のレジャーも楽しめます。

住所神石高原町相渡2167
TEL0847-86-0535
入浴料入浴料 400円
詳細ホームページ

著者紹介

山崎勇三(やまさきいさみ)

健康デザイン研究所 代表
健康・生きがい作り講師として活動
テレビ・ラジオ・新聞で温泉&余暇アドバイザーとして出演すると共に執筆活動中
温泉アドバイザー(温泉入浴指導員:厚生労働省所管認定資格)
余暇アドバイザー(余暇開発士:日本レクリエーション協会公認)
広島市安佐北区在住

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.