文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

気候の変化に負けず健康を保つコツがわかるコラムや、 高齢者向けの減塩料理や季節野菜を使った料理を紹介します。
    健康と天気 (2013/07/16)

    スズメバチに気をつけよう!

    夏は野外に出る機会が多くなります。そこにはハチやムカデなど危険な生物も多くいます。むやみに怖がるよりも、危険な生き物たちの特性や対処法を知ってリスクを回避しましょう。『野外における危険な生物』(日本自然保護協会、平凡社)などを基に、注意点をまとめてみました。


    健康と天気 (2013/07/08)

    梅雨が明けたら、夏バテ注意!

    梅雨が明けた後は晴天が続きやすくなりますが、強い日差しが照りつけて本格的な暑さも長く続くようになります。梅雨が明けた途端、真夏日が続くため、体力が低下している人ほどバテてしまいます。


    健康と天気 (2013/06/20)

    熱中症だけじゃない!夏の水分不足は脳梗塞のリスクも高める?

    日本人の死亡原因の中でも多くを占める「脳卒中」。その発症は寒さが厳しい冬に多いことが知られていますが、実は脳卒中の半数以上を占める「脳梗塞」に限ると、夏の発症が多いことが明らかになってきました。


    健康と天気 (2013/06/06)

    梅雨期間中の晴れに2タイプ ~きょうの「晴れ」は初夏?真夏?

    中国地方は、5月27日に平年より11日も早い「梅雨入り」の発表がありました。ただ、梅雨入りした後も、毎日がくもりや雨の天気ではなく、比較的晴れる日が多くあります。また、この梅雨期間中の晴れには、大きく分けて2つのタイプがあります。


    健康と天気 (2013/05/23)

    熱中症予防、「暑熱順化」で暑さに対抗!

    快適と思われる5月でも、晴れた日は夏を思わせる暑さになり、熱中症にかかる方が増えています。5月13日には、広島県の安芸高田市でも、熱中症とみられる症状で農作業中の女性が亡くなられました。


    健康と天気 (2013/05/13)

    梅雨入り前に、大そうじ!

    梅雨時は高温多湿になるため、室内にカビが繁殖しやすくなります。カビの胞子は家のホコリの中にひそんでいたり、空気中を漂っています。空気中に漂うカビの胞子は花粉よりも小さく、簡単に人体に入り込むため、アレルギー症状の原因になります。カビの繁殖の予防策をご紹介します。


    健康と天気 (2013/05/03)

    マダニによるウイルス感染症SFTSにご用心!

    マダニが媒介するウイルス感染症の感染者が日本国内で見つかりました。マダニは案外身近な存在なのですが、人命にかかわることがあるので、新緑の野山に出かけるシーズには十分な注意が必要です。


    健康と天気 (2013/04/29)

    外は快適でも車内は灼熱。車内での熱中症に注意

    外で活動するにも快適な季節。まだ、晴れても暑さを感じることは少なく、熱中症の心配をしなくてもよさそうに思いますが、この時季でも熱中症にかかるケースが多数あります。それは、「車の中」での熱中症です。


    健康と天気 (2013/04/15)

    お出かけ前には紫外線情報をチェック

    暖かくなると薄着になり肌の露出も増えますが、冬の間紫外線にさらされていなかった肌は、予想以上にそのダメージを受けやすくなります。 紫外線に対して過剰に反応する必要はありませんが、紫外線がどんな時、どんな場所で強いのかを紹介します。


    健康と天気 (2013/03/28)

    4月は冬と初夏とのせめぎあい

    心地よい陽気が長続きしないのが、この時季・・・。急に真冬のような寒さに見舞われることもあって、まるでジェットコースターのような激しい気温の変化に、なかなか身体がついていきません。新興勢力「初夏」と、とどまろうとふんばる「冬」とのせめぎあいが激しく、短い周期で勢力が入れ替わるのが4月です。


全 480 件中 471 〜 480 件目を表示 45, 46, 47, 48

« 前の10件

カテゴリー一覧

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.