文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

健康コラム

気候の変化に負けず健康を保つコツがわかるコラムや、 高齢者向けの減塩料理や季節野菜を使った料理を紹介します。
    健康と天気 (2013/09/27)

    予想最低・最高気温は、服選びの参考に

    過ごしやすい日が多くなりました。とは言っても、晴れる日ほど朝と昼の気温差が大きくなるため、服選びが難しいのがこの時季の特徴です。そこで一日の気温変化がどれくらいなのか、昨年10月のよく晴れた日の広島市中区と庄原市の一日の気温変化を見てみました。


    健康と天気 (2013/09/18)

    一雨ごとに気温が下がる・・・秋物の準備を

    8月はお盆を過ぎても猛暑が続き、なかなか暑さがおさまる気配がみられませんでした。ところが、「あること」をきっかけに大幅に気温が下がり、一気に秋めいてきたのを覚えていらっしゃいますか? それは「秋雨前線の南下」による雨です。


    健康と天気 (2013/08/30)

    季節の変わり目・・・朝の急な気温低下に注意

    お盆が終わり、ようやく秋を感じさせる涼しい日も出てきましたが、この先気温はどう変化していくのか、昨年2012年9月の値を例に、起床時にあたる朝7時の気温に注目して、変化を調べてみました。


    健康と天気 (2013/08/19)

    高齢者に限らず全ての年代でリスク増 お盆明けも熱中症に注意

    今年は梅雨明けが早かったうえ、8月に入り猛烈な暑さが続いていますので、熱中症にかかり病院へ搬送される方の数が一段と増加しています。これまでの6月と7月は、搬送された方のほぼ半数を「高齢者(65歳以上)」が占めていました。ところが、今回の搬送数をみると、「成人(18歳以上65歳未満)」が「高齢者」を上回りました。


    健康と天気 (2013/08/05)

    大人と子どもが感じる気温の差

    中国地方は例年より早い夏を迎え、7月11日には広島県内の複数の観測地点で、最高気温が35度以上の猛暑日となった他、7月の下旬にも数日猛暑日を観測しました。身体にこたえる暑さが続いていますが、大人と子どもでは感じる気温が異なることをご存知でしょうか。


    健康と天気 (2013/07/19)

    熱中症 「湿度」が危険度を左右する

    熱中症予防の対策として、屋内、屋外の「気温」をチェックしている方も多いと思いますが、「湿度」もチェックしていただきたいと思います。たとえ同じ気温でも「湿度」が変わると、熱中症の危険度が違ってきます。


    健康と天気 (2013/07/16)

    スズメバチに気をつけよう!

    夏は野外に出る機会が多くなります。そこにはハチやムカデなど危険な生物も多くいます。むやみに怖がるよりも、危険な生き物たちの特性や対処法を知ってリスクを回避しましょう。『野外における危険な生物』(日本自然保護協会、平凡社)などを基に、注意点をまとめてみました。


    健康と天気 (2013/07/08)

    梅雨が明けたら、夏バテ注意!

    梅雨が明けた後は晴天が続きやすくなりますが、強い日差しが照りつけて本格的な暑さも長く続くようになります。梅雨が明けた途端、真夏日が続くため、体力が低下している人ほどバテてしまいます。


    健康と天気 (2013/06/20)

    熱中症だけじゃない!夏の水分不足は脳梗塞のリスクも高める?

    日本人の死亡原因の中でも多くを占める「脳卒中」。その発症は寒さが厳しい冬に多いことが知られていますが、実は脳卒中の半数以上を占める「脳梗塞」に限ると、夏の発症が多いことが明らかになってきました。


全 546 件中 531 〜 540 件目を表示 51, 52, 53, 54, 55

« 前の10件 次の6件 »

カテゴリー一覧

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.