文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

こころとからだ

一言では済まされない、奥が深い五十肩


放送を聴く

放送日

放送:2016年5月18日(水)
ゲスト:マツダ病院 奥平信義 院長
パーソナリティ:おだしずえ、井筒智彦


RCCラジオでは、隔週で水曜日「スイヨーWATCH! おひるーなクリニック」として、健康や医療に関することを専門の先生にお伺いします。
第4回目のテーマは、「五十肩」。サンフレッチェ広島のチームドクターをお勤めでもある、マツダ病院 奥平信義 院長先生にお話をうかがいます。


今回のポイント

  1. いわゆる「五十肩」はどんな症状?
  2. 「五十肩」はどうすれば治るのか?
  3. 「五十肩」は放っておいても大丈夫?

サンフレッチェ広島のチームドクターについて

31年前にマツダ病院に勤務した時から、私はマツダサッカークラブのチームドクターをしていました。
1987年、森保一さんがマツダに入社し、当時サテライトチームだったマツダSC東洋でプレーをしていました。2年後に、今川崎フロンターレの監督をしている風間八宏さんが入り、1991年には「おひるーな」でもおなじみの吉田安孝さんが加入しました。1992年に3人がそろって、Jリーグ「サンフレッチェ」の創設メンバーとしてスタートし、私もサンフレッチェのチームドクターとなり現在に至っています。

「五十肩」について教えて下さい。

もともと「五十肩」という言葉は、江戸時代の俗語の辞書に記載されたのが最初といわれています。「凡、人五十歳ばかりのとき、手腕骨筋痛むことあり、程過ぐれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕とも五十肩ともいふ。また長命病といふ。」とあります。
江戸時代の平均寿命は40歳前後といわれているので「五十肩」が長寿病と言われていたのもうなずけます。ということで、「五十肩」という言葉は一般的に使われる言葉で、医学的な診断名としては「肩関節周囲炎」とか「凍結肩」という用語が使われます。しかし、症状を患者さんに説明する時は、五十肩と言った方が理解されやすいようです。

五十肩で悩んでいる方の声をお聞きください。

「最近、左肩の腕の付け根(予防接種をする場所)が痛い。ゴルフのスイングをするのに腕が上がらないんです。右肩の肩甲骨付近も痛くて、手を上げて後ろに伸ばそうとすると痛いんです。職場が変わってすわり仕事が多くなった1年半前くらいからです。」

五十肩の症状は一般的に「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限される」ことで、通常は片側だけに発症します。
この方のケースは両肩に症状があり、ゴルフのスイングで痛みが出るなど、通常の五十肩とは少し違うような感じがします。ゴルフで痛くなったのであれば、方関節内組織の損傷を、背中の肩甲骨周囲の痛みであれば首からの症状が疑われます。専門医の診断を受ければ、原因はわかると思います。

診察を受ける時、服の上から診察する医師よりも、ちゃんと「服を脱いで、肩を見せてください」という医師の方が信頼できると思います。特に首や肩の診察は、痛みの場所、筋肉が痩せていないか、携帯に異状はないか、近く異状はないかなど、診て、触って初めて診断ができるからです。服の上からは絶対に正しい診断はできません。

しずえ
実は、長谷川アナの声なんですが、こういう患者さんは多いですか?
ドクター
ゴルフで肩が痛くなる方は多いですね。しかし五十肩とは限らず、首からの神経痛という場合もあります。実際に診察してみないとわかりませんけどね。

「肩関節周囲炎」は治る?治療法は?

五十肩は不思議ですが、自然に治る病気です。期間は個人差がありますが、おおむね半年から1年です。肩の動きが悪いほど時間がかかります。ただし、痛みが取れて治ったと言っても肩の動きは元どおりにはならず、運動障害を残すことがありますので、ちゃんとした治療を受けられた方がいいと思います。

急性の痛みが強い時は、肩を安静にし、消炎鎮痛剤の投与や外用薬を使い、並行して肩の注射をします。特に的確な注射をしますと、治療の効果は断然高まります。
痛みが軽くなってきたら、肩を動かし始めます。体操の仕方はいろいろありますから、病院で教えてもらってください。一つの方法は、お風呂に入った後、寝転がって悪いほうの手を反対の手で持って、ゆっくりと少し痛みを感じるところまで動かします。少しずつ角度を上げて、動きの範囲を広げていきます。

しずえ
長谷川アナのように、歩かなくなったり、体を動かす機会が減ると「肩関節周囲炎」になりやすいんでしょうか?
ドクター
デスクワークでは、猫背になりやすく、肩甲骨の周りの筋肉が緊張し、血行が悪くなり痛みを引き起こす要因となります。その予防としておすすめなのが「深呼吸」です。腹式呼吸を繰り返すことによって、胸や肩まわりの筋肉がほぐれて、肩こりなどの症状を軽くすることができます。立ち上がってストレッチしたり、トイレに行ったりするのもいいと思います。
博士
五十肩になりにくい人の特徴って、あるんですか?
ドクター
肉体労働者に多いと思われがちですが、その逆で、あまり体を動かさいないデスクワークの人や主婦に多いんです。その中でも瘦せぎすで、神経質で痛みに弱い人が多く発症する傾向があるようです。毎日ラジオ体操をして肩を動かし、くよくよしない生活を送るのが予防策になると思います。

 

「肩関節周辺炎」だと思っていたら違っていた!?

腱板断裂石灰性腱炎の場合があります。

「腱板断裂」というのは、筋肉が骨に付く部分を腱といいますが、骨と骨に挟まれている部分は関節を動かすために常に働いているので、老化が起こりやすいんです。転んで手をついた、というような外傷によることもありますが、日常生活でいつの間にか生じる場合もあります。腱板断裂の症状は五十肩によく似ていますが、自然には治らないので手術などの治療が必要になります。

「石灰性腱炎」というのは突然ものすごい痛みが肩に現れ、痛みで寝られない、肩がまったく動かせないという症状があります。原因は腱板の中に血中のリン酸カルシウムの結晶が沈着し、硬くなってしまったことです。リン酸カルシウム結晶は、最初は濃厚なミルクのような感じなのですが、時間がたつと硬くなってきます。治療としては、その結晶を注射針で吸引します。吸引できたら、強い痛みは軽減します。これも放っておいても治りません。自己診断せず、専門医の診断を受けることが大切です。

しずえ
大変興味深いお話ありがとうございます。サンフレッチェのチームドクターでもある奥平先生、これからもよろしくお願いします。

 

まとめ

  1. 「五十肩」は時間が経つと痛みは軽くなるが、運動障害を残さず完治するためにも、専門医に相談するのが望ましい。
  2. 毎日適度に肩を動かし、神経質にならず大らかに生活することが五十肩予防につながる。
  3. 「肩関節周囲炎」と似た症状の、他の病気の可能性もあるので、自己診断せず専門医に相談すると良い。

関連タグ:ラジオ おひるーな 健康管理 五十肩 整形外科 奥平先生 

ドクターデータ

奥平信義(おくひらのぶよし) 医師

マツダ病院 院長。 専門は整形外科で、「サンフレッチェ広島」のチームドクターを務める。
奇数月第3水曜日の「おひるーなクリニック」担当ドクター。

施設名マツダ病院
住所広島県安芸郡府中町青崎南2-15
電話082-565-5000(代表24時間対応)
RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.