文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

夏にこどもがかかりやすい感染症


放送を聴く

放送日

放送:2016年7月6日(水)
ゲスト:向洋こどもクリニック
 梶梅 輝之 院長
パーソナリティ:おだしずえ、井筒智彦


RCCラジオでは、隔週で水曜日「スイヨーWATCH! おひるーなクリニック」として、健康や医療に関することを専門の先生にお伺いします。
今回のテーマは、「夏に子どもがかかりやすい感染症」。子どもは熱を出しやすく、すぐに病院に連れていくべきか悩みますね。向洋こどもクリニック 梶梅 輝之 院長先生にお話を伺いました。


今回のポイント

  1. 夏カゼにかかった時の対処法は?
  2. 子どもが発熱した時の対処法は?
  3. 熱を計る時の注意点は?

放送内容

この時期多い夏カゼ。対策はありますか?

だいたい6、7月は感染症は少ないんですが、今年は多いですね。1日だけ発熱したりする子が多いみたいですね。まあ、「夏カゼ」と診断されるケースが多いです。カゼをひくと免疫がついていきますから、小さい頃にたくさんカゼをひくのは良いこととも言えます。
カゼをひいてしまったら、栄養をしっかり取ってよく寝るのが大事です。

しずえ
小さいうちにカゼの免疫がついていると、大人になってからカゼをひかなくなったりするんですね。薬よりも栄養と睡眠が大事なんですね。

夏に子どもがかかりやすい感染症は?

  • 手足口病:コクサッキーウイルスが原因。手の平、足の裏、口の中に水疱のような発疹が出る。発熱はないか、あっても1~2日。多くは軽症で、発疹は1週間くらいで消退する。現時点では有効な治療法はなく、自然に治る病気である。ワクチンも存在しない。
  • ヘルパンギーナ:コクサッキーウイルスが原因。高熱と咽頭痛が症状。痛みを訴えない乳幼児は、よだれで気づかれる場合もある。喉の奥に口内炎のような水疱が出現。発熱は1~3日間程度。ほとんどは軽症である。現時点では有効な治療法はなく、自然に治る病気である。ワクチンも存在しない。
  • エコーウィルス:エコーウイルスが原因。1日ほど高熱が出て、顔やお尻、手足に細かい発疹出現する。ほとんどは軽症である。現時点では有効な治療法はなく、自然に治る病気である。ワクチンも存在しない。
  • これらはウイルス感染症なので、抗生剤は無効。
  • *抗ウイルス薬があるのはインフルエンザ、水痘帯状疱疹、ヘルペスだけ)

「プール熱」というのもよく聞きますが、どういう原因ですか?

正式には咽頭結膜熱という、アデノウイルス感染症。アデノウイルスが原因です。プールを介して流行します。発熱で発症し、高熱が平均4日ほど続きます。咽頭痛、目の充血もみられ、診断には喉や目から迅速検査が可能です。
現時点では有効な治療法はなく、これも自然に治る病気です。ワクチンも存在しません。

子どもが発熱したら、どうしたらいいんですか?

定義としては、37.5度以上が持続すると「発熱」と言われています。
発熱があっても、機嫌が良くて元気であれば、しばらく様子見てもいいと思います。夜間の場合は、一晩待ってから受診しても大丈夫でしょう。解熱剤の常備があれば使用してみて下さい。
かなりしんどそう、意識がもうろうとする、痙攣している場合はすぐに受診しましょう。
生後3か月未満の乳児は、早めの受診をするべきですね。

熱を計るときの注意点は?

子どもには、耳の体温計は不正確なので注意が必要です。耳の体温計は、鼓膜の温度を測るんですけど、子どもは鼓膜に届かないことも多いんです。

まとめ

  1. 夏カゼや感染症は、自然治癒するので、栄養をとって睡眠を十分に取るのがよい。
  2. 子どもがかかりやすい感染症でも、大人にも感染するので十分気をつける。
  3. 子どもが発熱したら、元気なら様子を見て、ぐったりして辛そうなら病院へ連れていく。

関連タグ:ラジオ おひるーな 健康管理 子供の病気 小児科 梶梅先生 

ドクターデータ

梶梅 輝之(かじうめ てるゆき) 医師

向洋こどもクリニック 院長
おひるーなクリニック奇数月第1水曜日

施設名向洋こどもクリニック
住所安芸郡府中町青崎中24番26号 クリニックモール向洋4F
電話082-287-3266
RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.