文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

認知症


認知症 ~アルツハイマー病を例にとって ~

世界では4秒に1人が認知症患者となり、高齢化が進む日本でも患者数は増え続けています。
認知症と普通の物忘れとは、どう違うのでしょうか。はっきりと認知症と診断される前の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。病状の進行を遅らせる新薬も登場する中、最近では、兆候に早く気がつき、受診することが大切だと言われています。草津病院精神科の岩崎庸子医師に詳しく聞きました。

草津病院精神科 岩崎庸子 医師

動画メニュー

  1. どのような状態で認知症と判断されるのか
  2. アルツハイマー病はどのようなもの?
  3. 認知症とアルツハイマー病を行動している方が多い
  4. アルツハイマー型認知症の治療は?
  5. アルツハイマー型認知症の進行を遅らせるには?
  6. 家族が認知症と思われる場合、まずどうしたらいい?
  7. 受診する時の準備
  8. 認知症になりにくい生活習慣
  9. 認知症になりやすい生活習慣

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.