文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

「聞こえにくい(難聴)」家族の対応


家族の「聞こえ方」の変化に気づいた時、どうサポートする?

最近、つけているテレビの音が大きいな、会話の中で聞き違いが増えてきたな・・・そんな身近な人の変化に気づいた時、どうサポートしてあげればよいのでしょうか。「聞こえ方」の変化は、スピードに個人差こそありますが、誰にでも共通して起こるもの。30代半ばから40代で、徐々に高音域を聞き取る力が落ちてきます。そんな誰にでもある変化だということをまわりの家族などがしっかり理解し、日常生活で工夫することが思いやりといえます。県立広島病院 耳鼻咽喉科主任部長 福島典之医師に詳しく聞きました。

動画メニュー
  1. 「聞こえ方」は加齢によってどのように変化するか
  2. 話すスピードによって聞こえにくい?
  3. 「聞こえ」は周囲の環境にも影響される?
  4. 「聞こえにくい」ことへの対応

関連タグ:難聴 

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.