文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小
ミルカナ

紫外線対策

紫外線は、シミ、しわ、たるみの原因となるとともに、最悪の場合、皮膚ガンを引き起こす可能性があります

さあ、これから紫外線が気になる季節がやってきますが…紫外線に注意するのが夏だけと思っているあなた!なんと、4月5月から9月にかけてが、紫外線要注意時期なんです。



太陽光線に含まれる紫外線。
その紫外線は、UVA、UVB、UVCの3種類に分けられるのですが、そのうち地上に届くのが、UVAとUVBの2種類。
UVAとUVBではそれぞれ異なる性質を持っているんです。

UVAとUVBの違いは?

より波長が短いのがUVBです。皮膚の表面に強く作用します。シミ・そばかす、DNAを損傷したりもします。

UVAは、ガラスも通過して真皮まで届きます。シワ・たるみの原因になることが多いです。



日焼け止めの効果は?

よく、日焼け止めに書いてあるSPF。SPFはUVBを、PAはUVAを防ぐ効果を示しているんです。

その紫外線が肌の老化につながる?将来色々な障害が出てくるかも



そう、紫外線は、肌だけでなく、私たちの命をも脅かしていたんです。
たかが紫外線と思っていた人、特に男性の皆さまも同じなので要注意です!
ただ、同じように紫外線を浴びても肌質によって個人差があり、日本人の場合は、肌が赤くなって黒くならない人、赤くなって黒くなる人、赤くならずに黒くなる人の3タイプに分けられるのですが、一番ダメージを受けやすいのは、肌が赤くなって黒くならず、白に戻る1番のタイプの人なんです。
また、紫外線は皮膚だけでなく目にも影響を及ぼし、白内障の原因の一つとも言われているので、UVカットのサングラスをかけるなど目のケアも忘れてはいけないんです。



紫外線対策ウソ・ホント?



日焼け止めをしっかり塗れば長時間日光を浴びても問題ない?

日焼け止めは最終的な皮膚の防御ですから、塗っていればどれだけ紫外線を浴びても大丈夫ということではないんです。
やはり、紫外線を「浴びない」「避ける」に越したことはありません。

日焼けした後は、すぐに美白剤を塗れば大丈夫?

日焼けした直後は、皮膚がダメージを負っていますから美白剤を塗るのは危険です。日焼けした直後はなるべく皮膚を冷やしたり、ビタミンCを摂取するのがおすすめです。

紫外線対策にトマトジュースは良い?

トマトの中には、抗酸化作用のあるリコピンという成分が含まれていますので、悪くはないと思いますが、効果のほどはわかりません。ですが、適切に摂取すれば健康のためにはいいと思います。


RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.