文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小
乳和食研修会

おいしく減塩!② 楽しくおいしく高血圧予防 ~日下美穂医師~

「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストランin呉in広島」

日本で一番多い疾患は高血圧で、その患者数は約4000万人と推定されています。高血圧の主な原因は塩分の摂りすぎ。アマゾンの原住民の中には、塩を全く食べないことから60歳、70歳になっても高血圧にかかる人がいない部族が存在します。日本人は、子どもの頃からの食習慣で塩分を摂りすぎて高血圧を引き起こすことが多い、という報告もあります。
 呉市、日下医院の日下美穂院長は、高血圧やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防を目指し、地域に密着した様々な活動を続けています。その中で、地域で気軽に取り組むことができる減塩環境を作ろうと「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストランin呉in広島」を企画し、多くの飲食店に協力を呼びかけてきました。各店も塩分やカロリーが低く、味も美味しい料理をメニューに加えることで応え、今ではまちぐるみの取り組みに発展しています。
 2014年2月9日(日)、公益社団法人広島県栄養士会と一般社団法人Jミルクの主催で広島市東区広島女学院大学で開かれた「乳和食研修会」で、楽しくおいしい減塩を提唱する日下美穂医師にインタビューしました。

講師

日下医院院長 日下美穂 医師

動画 楽しくおいしく高血圧予防 ~日下美穂医師~
  1. 高血圧の原因
  2. 高血圧は高齢者のもの?
  3. こだわりのヘルシーグルメDietレストラン in 呉
  4. 減塩のために地域でできること

減塩サミット

減塩のキャンペーンを全国的・世界的に広げるため、2012年、世界で初めての「減塩サミット」が開催され、2014年5月には、広島市の旧市民球場跡地を会場に、「減塩サミット」が開かれました。 


関連タグ:減塩 

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.