文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

夜間、歩行中の交通事故防止 ~反射材等の活用~


1 車から見える距離

夜間、車から歩行者が見える距離は、服の色により違いますが、下向きライトでは、黒っぽい色で約26m、明るい色で約38mとされています。

2 車の停止距離

運転者が歩行者を発見し、車が止まれる距離は、一般的に時速60kmで約44mと言われています。この場合、明るい服装でも交通事故に遭う危険があります。

3 反射材・LEDライトの活用

これに対し、反射材を身に着けていた場合、約57m以上の視認性が確保されるので、反射材の非着用の場合と比べ、安全性が向上されます。
反射材等を活用し、車や自転車に自分の存在を早く知らせましょう。

皆さん、輝いてください☆


RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島| DPPヘルスパートナーズ中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.