文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

ノロウイルスによる感染性胃腸炎に注意しましょう。


ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、特に冬季に多発します。ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、お子様やご高齢の方などでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。ノロウイルスに感染しないために次の予防対策を徹底しましょう。

  1. 調理の前やトイレの後などには、石けん液と流水による手洗いを徹底する
  2. 下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしない(しっかり休みましょう)
  3. 調理器具類は、洗剤でよく洗った後に、熱湯や塩素系漂白剤で消毒する(使用上の注意をよく確認して使用してください)
  4. 食品は中心部まで十分に加熱する
  5. 胃腸炎患者に接する方は、患者の糞便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げないようにする

関連タグ:ウィルス 

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.