文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

広島県からのお知らせ

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について

肺炎球菌ワクチンは,肺炎球菌が原因となる肺炎などの感染症を予防するワクチンです。

肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが,接種することによって,高齢者や種々の基礎疾患(心臓・呼吸器の慢性疾患,腎不全,肝機能障害,糖尿病など)を有する方の重症化防止などの効果が期待されます。

平成30年度の定期接種の対象者は,65歳,70歳,75歳,80歳,85歳,90歳,95歳,100歳になる方と60歳以上65歳未満で,心臓,腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有し,日常生活が極度に制限される方です。

過去に23価肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがある方は対象になりません。

接種対象で接種を希望される方は,平成31年3月31日までに接種してください。
ワクチン接種の手続き等については,各市町の予防接種担当課へお問い合わせください。


RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.