文字サイズ
  • 文字サイズ大
  • 文字サイズ小

ニュース・イベント

県内全域を30分でカバー! 広島県ドクターヘリが本格運航開始


広島県では、2013年5月1日からドクターヘリの本格運航を開始しています。
ドクターヘリとは、医療機器や医薬品を装備し、医師、看護師が搭乗して救急医療を行う専用のヘリコプターです。

広島ヘリポート(広島市西区観音新町4丁目)に医師、看護師が待機し、消防機関からの要請により出動します。ドクターヘリの運航により県内全域を約30分でカバーすることが可能になり、早期の治療開始、患者を適切な医療機関に搬送することで、救命率の向上や後遺症の軽減が図られ、県民の「安心な暮らしづくり」につながります。

今後、中国地方5県の連携による出動も視野に入れていくということです。
広島県では、ドクターヘリPRのチラシ(PDF)を作成し、正しく効率的な利用が促進されるよう周知に努めています。

運航概要
・ 基地病院:広島大学病院 (協力医療機関:県立広島病院)
・ 運航会社:中日本航空(株)
・ 運航時間:原則8時半から17時(土日を含む毎日運航)
・ 運航範囲:県内全域


関連タグ:救急 ドクターヘリ 

RCC情報
会社情報 採用情報 個人情報保護への取り組み 著作権とリンク 情報通信セキュリティ方針国民保護業務計画ご意見・ご感想
関連会社
RCC文化センターRCCフロンティア|オレンジシステム広島|中国新聞グループwebJNN系列放送局
PR
RCC中古車展示場MEGARCCリフォームセンター
広島県日韓親善協会
Copyright (C) RCC BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.