すべての女性に、大切なメッセージ。

若いときからの検診が命を守る~初期段階での発見を~

日本のがん治療は日進月歩ですが、女性特有のがんである子宮頸がんでは年間約1万人がかかり、約2,700人も亡くなっています。発症の低年齢化が進んでいるのも子宮頸がんの特徴で、20-30代のがんの中で最も発症率が高いがんでもあります。

子宮頸がんは、性交渉による発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因です。数年から数十年にわたって持続的にウイルスに感染したことによってがんになるとされています。

ウイルスに感染しても検診を受けて初期段階で発見、治療すればほぼ完治できます。しかし、日本での検診の受診率は国際的にみても大変低く、知らないうちに病気が進行して大切な命が奪われることもあるのです。

自分や家族の「救うことのできる命」を守るために、このがんのことを詳しく知っておきましょう。

ひろしまライフスタイル博2016
ひろしまライフスタイル博2016