Message

若い時からの検診が命を守る~初期段階での発見を

日本のがん治療は日進月歩ですが、女性特有のがんである子宮頸がんでは年間約1万人がかかり、約2,700人も亡くなっています。発症の低年齢化が進んでいるのも子宮頸がんの特徴で、20-30代のがんの中で最も発症率が高いがんでもあります。

子宮頸がんは、性交渉による発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因です。数年から数十年にわたって持続的にウイルスに感染したことによってがんになるとされています。

ウイルスに感染しても検診を受けて初期段階で発見、治療すればほぼ完治できます。しかし、日本での検診の受診率は国際的にみても大変低く、知らないうちに病気が進行して大切な命が奪われることもあるのです。

自分や家族の「救うことのできる命」を守るために、このがんのことを詳しく知っておきましょう。

子宮頸がんは
予防できる”がん”

子宮頸がんは、他のがんと違って検診により「がんになる前の段階」で発見することが可能。早期発見、早期治療で完治が可能です。それゆえ、予防できる”がん”と呼ばれています。

若い時からの
検診が大事

子宮頸がんの特徴として、20~30代の若い女性が発症しやすいことがあります。若いうちから定期的に検診を受けていれば、予防、早期発見につながります。

検診は怖くない!

検診は痛い、怖いというイメージを持っているかもしれませんが、短時間で終わり、痛みもほとんどありません。安心して検診を受けましょう。

Campaign Personalities

私たちが子宮頸がん検診の大切さをお伝えします

河村 綾奈

子宮頸がんは、早期発見ができればほとんど完治するというデータがあります。
家族や友人など、自分の大切な人のためにも、私も 今のうちから定期的な検診を心がけたいです。

中根 夕希

若い年代で子宮頸がんにかかる方は20年前に比べて2~3倍に増えているそうです。
検査を行くのは恥ずかしいという思いもあるかもしれませんが、がんになるかもしれないという可能性を考えて、勇気をもって検診を受けてみましょう。

Campaign

キャンペーンの取り組み

Radio

子宮頸がん検診は、どんなことをするの?

放送日:2017年12月15日(金)「おひるーな」
ゲスト:新甲さなえ女性クリニック 新甲さなえ先生
パーソナリティー:吉田 幸、フランソワーズ

Radio

子宮頸がんの治療について

放送日:2017年11月24日(金)「おひるーな」
ゲスト:新甲さなえ女性クリニック 新甲さなえ先生
パーソナリティー:吉田 幸、フランソワーズ

Radio

子宮頸がんは、どんな病気?

放送日:2017年10月20日(金)「おひるーな」
ゲスト:新甲さなえ女性クリニック 新甲さなえ先生
パーソナリティー:吉田 幸、フランソワーズ

Q & A

子宮頸がんについて、もっと知りたい!